投資用ワンルームマンションを確実に高値で売却する手法

所有するワンルームマンションを売却したい、もしくは売却して別の不動産購入を考えている方に向けて、ワンルームマンションを高値売却するためのノウハウをまとめています。

不動産投資のスペシャリストとして、不動産業界でも珍しい、ワンルームマンション売却に特化したセミナー・書籍執筆を行うFGH監修の下、投資家の皆さんに有益な情報をお届けします。

中古マンション市場に熱い視線が注がれている今、投資用区分マンションは最大の売り時を迎えています。売れるマンションの特徴を理解して正しい施策を行えば大きな利益が生まれるかもしれません。このサイトで紹介しているノウハウや知識を身につけ、ぜひマンションの高値売却を成功させてください。

より高値でワンルームマンションを売却するための鉄則

所有のワンルームマンションが売却すべき物件か、売却を待つべき物件なのかを見分けるポイントを解説。

売却する場合の業者選び、物件の価値を高めるための施策についてまとめました。

今すぐ売却すべき物件とは

マンションのイメージ画像
ご自身が所有する投資用物件を売却すべきか、所有を続けるべきか悩まれている方は多いかと思います。結論から申し上げますと、以下のような物件は今手放すべきだと言えます。
  1. 空室が続いている
  2. もともと安く買った物件かつ、現在入居者がいて相場価格(もしくは相場以上)で売却できる
  3. 投資の回収の見通しがついている

これらの物件をすぐに売却すべき理由、持ち続けるリスクを解説します。

>>ワンルームマンション売却の適切な時期について詳しく

仲介と直接買取どちらを選ぶべきか

仲介・直接買い取りのイメージ画像

投資物件を少しでも高く売るためには売却ルートの選定も重要なポイントです。不動産の売却方法は「仲介」「買取」の2つの方法が主流で、それぞれ売却の仕組みが異なります。

ワンルームマンションの売却は仲介業者か直接買取のどちらが有利か?両者の違いやメリット・デメリット、それぞれにかかる費用を比較しました。

>>ワンルームマンション売却時の仲介・買取業者の違いについて詳しく

買主について考える

買主について考えるイメージ画像

不動産の売却には「仲介」と「直接買取」の2つの方法がありますが、どちらにしても物件を所有するエンドユーザーが存在します。そのエンドユーザーを想定することも所有物件の強みをアピールできる重要なポイントとなります。

売却利益を最大限に引き出すための方法を「買主」の目線で解説します。今、最も有力な買主と言われる、中国人・台湾人等の外国人投資家が欲しがる物件の特徴も必見です。

>>ワンルームマンション売却時の買主について詳しく

売却前のリフォームの基本

リフォーム(掃除している)イメージ画像
  1. 原状回復:クリーニング、クロス貼り替え
  2. 設備の交換:水回り等の設備の入れ替え
  3. リノベーション:フローリングの張り替え、間取り変更

ワンルームマンションで推奨されるリフォーム規模や費用相場も記載していますので、予算シミュレーション等にお役立てください。

>>ワンルームマンション売却前のリフォームについて詳しく

より物件の価値を高めるには

物件の価値を高める室内イメージ画像

手持ちの区分マンションを売却する際、空室の状態で売却するのはNG。すでに入居者がいる物件であればオーナーチェンジをした当日から新しいオーナーに家賃収入が発生するため、買い手が付きやすいからです。

一方、空室のワンルームは売りにくく、安く買い叩かれてしまいますので、必ず入居者づけで売却するのが鉄則です。

物件の価値を高めるためのポイント、不動産業者選びのポイントも解説します。

>>ワンルームマンションを高値で売却する方法について詳しく

売却を待つべき物件

マンション外観イメージ画像

2017年現在、投資家や不動産業界のなかではマンションは絶好の売り時だと考えられています。しかし、それはあくまで全体的な不動産市況によるもので、すべての物件に言えることではありません。

再開発が予定されているエリアや購入後間もない物件など、残しておくべき物件の特徴とその理由についてお話しします。

>>ワンルームマンション売却のタイミングについて詳しく

ワンルームマンション3つの評価・査定方法

所有物件を正統に評価してもらうためには適正な査定が重要です。

一般的に、マンションの価値は「費用性」「市場性」「収益性」の三面性から査定が行われます。それぞれの査定方法について特徴をしっかり理解しておきましょう。

  • 原価法
    「費用性」に着目した査定法。
    対象物件を再び買い取った際の原価から、経年変化の低下分を差し引いて物件価格を算出します。
  • 取引事例比較法
    「市場性」に着目した査定法。
    対象物件と条件が似ている物件の成約事例をもとに物件価格を算出する方法です。
  • 収益還元法
    「収益性」に着目した査定法。
    対象物件が将来生み出すだろうと予測される収益力に基づき、物件価格を算出する方法です。

投資用ワンルームマンション売却までの流れ

マンション売却はスピード勝負です。必要書類や売買活動、契約の流れ、決済までの一連の流れを理解し、スムーズに売却を進めることが成功の鍵となります。

  1. ワンルームマンション売却の諸費用・書類
    希望条件に近い価格、もしくは希望よりも高値で売却するためには買主に必要な情報をできるだけ多く提示することが大切です。交渉時に書類の不備で慌てることのないよう、必要書類は揃えておきましょう。
  2. ワンルームマンションの売買活動
    マンション売却で行われる売買活動の流れを解説。
    購入希望者の内覧前の事前準備のポイントなどもご紹介します。
  3. ワンルームマンションの売買契約
    売主・買主の間で交わす契約書、重要事項を確認する際の注意点や、契約時に必要となる書類、契約によって生じる義務などを理解しておきましょう。
  4. ワンルームマンションの決済・引き渡し
    契約締結から引き渡しまではおよそ1~2週間。
    この間に行われる決済と登記移転の流れ、注意すべきポイントをお話しします。

ワンルームマンション売却後に考えるべき投資のこと

無事にマンション売却に成功した後、投資を続ける人はその後の戦略も考える必要があります。まず、売却後は改めて自分が投資に向いているかどうかを見直す機会でもあります。また、家賃回収がうまくいかず清算した人も、売却して身軽になったところで不動産投資のリスタートをきることができます。

ワンルームマンション売却後の次なる投資戦略の立て方を解説。どのような計画でプランを作れば良いか売却後の成功パターンをお話しします。

当サイト監修元・株式会社FGHとは

このサイトの監修いただいた不動産仲介会社「株式会社FGH」は、区分マンションの売却では、大手不動産会社を含めた業界内で、流通件数シェアNO.1に王手をかけています。賃貸管理を行うグループ会社、台湾を拠点とするグローバル戦略も進め、収益不動産のプロフェッショナルとしてさらなる進化を遂げています。

  • 社名:株式会社FGH
  • 所在地:東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル3F・4F
  • 事業内容:不動産の売買、仲介、賃貸、管理及び鑑定に関する業務
  • 経営コンサルタント業務、損害保険の代理業務

参考書籍「その区分マンションは今すぐに売りなさい」

参考書籍「その区分マンションは今すぐに売りなさい」

引用元:幻冬舎ゴールドオンライン
http://gentosha-go.com/ud/books/
57eb7dc17765614c9f000000

ワンルームマンションを高値で売却するための情報をまとめるにあたり、FGH代表渡邊氏の著書「その区分マンションは今すぐに売りなさい」を参考にしています。

TSUTAYA BOOK STORE ビジネス書で、売り上げランキング1位を獲得した本書は、今が最大の売り時と言われる区分マンションの売り時を見極め、利益を最大限確保するための方法を解説。

「空室が続き含み損のある物件の対処に困っている」、「所有物件を高値で売却して新たな収益物件を購入したい」という投資家に向けて書かれた一冊です。

投資成功のリスタートを切りたい方は必読といえますので、FGHの公式HP内では、一部を無料で公開していますので、まずはそちらをチェックすると良いでしょう。

業界初となるFGHの売却運用セミナー

FGHの売却運用セミナー

引用元:ForceGH
https://fgh.co.jp/seminar/

FGHでは業界初となる、ワンルームマンション売却運用セミナーが開催されています。

「気づいたらキャッシュフローがマイナスに…」「インフレ誘導しているはずなのに賃料が下がる一方…」「東京オリンピックで資産価値が本当に上がるのか…」といった疑問を、創業以来培ったノウハウを駆使して解説。「収益不動産のプロフェッショナル集団」から収益不動産業界のからくりを学べます。

単なる不動産投資セミナーとは一線を画した、情報収集、リスク分析のノウハウを学べる最適なセミナーです。